2110年06月25日

恐怖症のメカニズムと解消法とは?


このブログは、催眠療法士としては初の社会文化功労章を受賞された大滝保先生の
恐怖症の克服法、1日4分の自己催眠『脱!!恐怖症プログラム』の内容 効果 感想
評価 方法 口コミなどの情報を公開しているブログです。



詳細はこちら



恐怖症には数えきれない位の種類があります。

あがり症も恐怖症の1つと言えます。

その他にも・・・

 ・他人の視線を恐れる視線恐怖症 
 ・電話が怖くなる電話恐怖症
 ・尖ったものに恐怖心を感じる先端恐怖症
 ・高いところが怖い高所恐怖症
 ・自分はガンではないかと恐れしまうガン恐怖症

・・・などなど、様々な恐怖症があります。

このように恐怖症の種類はたくさんありますが、
恐怖症の原因、メカニズムは同じようです。


一般的な恐怖症の治療としては、
薬物療法と認知行動療法(暴露療法)
または、カウンセリングによる治療があります。

その他の心理療法として催眠療法などがあります。
最近はタッピングセラピーなども恐怖症治療に効果をあげているようです。

さて、一般的な治療について考えてみたいと思います

薬物療法はある程度の効果が期待できるようです。
現在は「SSRI」がよく使われているようですね。

しかし、薬物療法は、副作用があるのと、
症状によって薬の種類が増えたり、
摂取量のコントロールなどの点で問題をはらんでいます。


⇒ 自分で簡単にできる恐怖症克服法はこちら






【関連する記事】
posted by あいむ。 at 05:23| 恐怖症の治療法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。